愛知医科大学病院 卒後臨床研修センター

〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1番地1
TEL・FAX: 0561-63-1673

HOME > センターからのお知らせ > センター通信

センターからのお知らせ

卒後臨床研修センター通信

卒後臨床研修センターの運営体制が変わりました!

~ 新しい副センター長からのごあいさつ ~

 


春日井邦夫センター長(写真上段左)と副センター長6名、熱意に満ちた教員が集結しました。
今回は統括副センター長と卒後臨床研修センターに常駐する副センター長からのメッセージを入れて紹介します。
副センター長は早稲田勝久先生(医学教育センター)、加納秀記先生(救急診療部)、脇田嘉登先生(総合診療科)も務められます。
 
**********
「力強い研修医として皆さんが活躍できるよう最大限のサポートをします!一緒にがんばりましょう!」 
 
藤井公人 統括副センター長(写真下段)
 
**********
「人に優しく、おもてなしを持って、徳を積む。
皆さんに基本に忠実に立派な医師となっていただけるように心を込めて支援します。国際化も課題としたいです。」
 
山本さゆり 副センター長(写真上段中央)
 
**********
「この場所を最高の卒後臨床研修センターとして存在を確立するために覚悟を決めて専任教員になりました。私たちと一緒に充実した医療人の道を歩みましょう!」 
 

髙橋美裕希 専任教員・副センター長(写真上段右)

卒後臨床研修センター通信

臨床研修指導医のための教育ワークショップ

~ 臨床研修医にとって良い指導医とは ~

 

平成29年8月26日(土)と27日(日)に「臨床研修指導医のための教育ワークショップ(WS)」が開催されました。この会は、臨床経験7年以上の医師を対象に、厚生労働省の監督のもと毎年開催しています。
参加者は27名で、新医師臨床研修制度のもと
当院で臨床研修を修了した8名の先生方の参加がありました。
また、協力型臨床研修病院の春日井市民病院、小牧市民病院、蒲郡市民病院、多治見市民病院、名古屋第一赤十字病院、名古屋掖済会病院からも参加があり、「研修医にとって良い指導医とは」をテーマにグループワークや意見交換がされました。
このWSに参加された指導医の方々を核に更なる臨床研修の充実が期待されています。

 


ワークショップ参加者全員での記念撮影

印象に残った教育体験として各自の思い出を絵にしました。


各テーマに沿ってグループワークが行われました。

グループワーク毎に発表が行われました。


配役を決めてロールプレイが行われました。

最後にディレクターの春日井邦夫卒後臨床研修センター長から修了証が授与されました。

卒後臨床研修センター通信

病院長との昼食会

~ 研修医と病院長との意見交換会 ~

 

今年度も研修医と病院長による昼食会が行われています。
この昼食会は平成20年度から開催されており,研修医は病院長を始め,卒後臨床研修センター長,副センター長及び看護部副部長等と昼食を共にします。
 
① 打刻する機械を増やしてほしい。
② 救急外来の眼圧測定(アイケア)が壊れている。修理してほしい。
③ 女子更衣室に扇風機を設置してほしい。
④ 救急外来のPCCスタッフルームのソファを交換してほしい。毛布も欲しい。
⑤ 指導医にランキングをつけてはどうか。
 
上記の他にも様々な意見が出ましたが,①~③は解決済み,④~⑤は現在調整・検討中です。この昼食会は毎月,大学本館1階レストラン・オレンジの特別室を貸し切りで開催されていく予定で,これからも研修医から出た意見を1つでも多く実現できるよう調整を行って参ります。
 

 



卒後臨床研修センター通信

おしゃべり会

~ 医学部学生とのコミュニケーション ~

 

毎年恒例の研修医・指導医を中心とした先輩医師による「おしゃべり会」が開催されました。
進路相談や勉強の質問など主に6年生の学生さんとコミュニケーションを取ることで,当院の臨床研修の実際を伝えたり,学生さんのニーズを知ることができる良い機会として定着しています。
今回は大変沢山の人が参加して下さり,医心館1階フロアで開催されましたが,3時間近く盛り上がりました。
なお,第2クール採用試験が8月21日(月)22日(火)に行われます。申し込み期限は8月10日(木)です。申し込みがまだの方,よろしくお願いします。

 




卒後臨床研修センターFacebookもご覧下さい!

卒後臨床研修センター通信

臨床研修説明会

~ 来年度マッチングを控えた本学5年生を中心に ~

 

平成29年7月20日(木)に5年生を対象に「医師キャリア教育」の授業と引き続き当院の臨床研修説明会が開催されました。
授業では,当院で臨床研修をしている研修医のみなさんにそれぞれのキャリアをお話いただき,春日井邦夫卒後臨床研修センター長と北川好郎副センター長から当院の臨床研修プログラムや新しい専門医制度等について説明がありました。
その後,本館1階レストランで4年生も合流し,情報交換会が開催され,研修医や各科指導医と約140名の学生さんとの交流が図られました。
また,関連する臨床研修病院にも説明の機会が設けられ,各病院とも活況を呈していました。

 




卒後臨床研修センター通信

レジナビフェア2017 東京に参加しました!

 


7月16日(日)に東京ビッグサイトで開催されたレジナビフェアにブースを出展しました。当院のブースを指名して尋ねて下さった学生さんも多く,アウェーの地にも関わらず,大変活気溢れるものになりました。
一人でも多く,やる気溢れる学生さんが,病院見学や採用試験に応募して下さることを切に望みます。

 



卒後臨床研修センター通信

愛知臨床研修セミナー

~ プレゼンテーション能力の向上を目指して ~

 

平成29年7月6日(木)に愛知臨床研修セミナーが開催されました。
一昨年度から当院の研修医からの症例報告のみならず,他院の研修医からの症例報告も行われており,今回は豊田厚生病院と一宮西病院から参加がありました。
また,中津川市民病院 病院前救急診療科の間渕則文先生による特別講演「ドクターカーによる病院前救急診療の実際」も開催されました。
参加した研修医等約50名が熱心に耳を傾け,活発な質疑応答も行われました。
当セミナーは,研修医の臨床教育の一環として,またプレゼンテーション能力の向上を目指して,年2回(夏・冬)開催しています。

 


当院研修医2年目の指宿麻悠先生です。「肺癌術後に左心房内に巨大血栓を認めた一例」について発表されました。

間渕則文先生,豊田厚生病院研修医2年目の杉本遼介先生,一宮西病院研修医2年目の宮下直人先生


活発な意見交換がありました。

卒後臨床研修センター通信

レジナビフェア2017 大阪に参加しました!

 


7月2日(日)に大阪で開催されたレジナビフェアに初めてブースを出展しました。アウェーの地にも関わらず,当日は30名を超える多くの方がブースを訪問してくださり,活気溢れるものになりました。
一人でも多く,やる気溢れる学生さんが,病院見学や採用試験に応募して下さることを切に望みます。

 




卒後臨床研修センター通信

マッチング説明会

~マッチングの注意点やアンマッチにならない心得を~

 

平成29年5月19日(金)に,本学6年生を対象にマッチング説明会が開催され,
北川好郎副センター長から,マッチングの注意点やアンマッチにならないための心得,当院のプログラムについての説明がありました。
また,春日井邦夫センター長から,新しい専門医制度について説明がありました。専門医の取得や大学院での学位取得,将来のキャリアも踏まえて初期臨床研修先を選ぶことの大切さを強調されていました。
愛知医科大学は1人でも多くの方から選んでいただける病院を目指し,今後も努力を続けていきます。
そして,アンマッチになる学生をなくして,全員が卒業し,全員が医師国家試験に合格することを切に祈ります。

 



卒後臨床研修センター通信

臨床研修病院合同説明会に参加しました!

 


5月5日(金/祝)に名古屋市港区金城ふ頭の「ポートメッセなごや」で東海北陸地区臨床研修病院合同説明会が開催されました。
当日は約120の病院がブースを出展し,全国の東海北陸地区出身者や東海北陸地区在籍の医学部5~6年生を中心に約800名が参加しました。当院のブースには本学以外の学生さん61名を含む114名が訪問し、写真のとおり非常に活気溢れるものになりました。

専修医の北野礼奈先生,小野真菜美先生,研修医2年目の田代崇先生,松村沙織先生,1年目の坂野福奈先生,中川真里絵先生,田上玄理先生がブース設営から始まり,学生の勧誘から説明までをそれぞれ非常に熱心にされていました。

一人でも多く,やる気溢れる学生さんが,病院見学や採用試験に応募して下さることを切に望みます。

 





pagetop